がらくたVol.9

三日坊主と挫折の部屋へようこそ。
J02Rがお送りする、パソコンからロボットおもちゃまで、使える物からくだらん物の紹介。

大人の科学

USB特撮カメラ 第二弾、特と見やがれ!
と、言いたかったが・・・、いざ完成してみると全くおもしろくない悲しい事になりました。
てなことで、無理やり後付していつものパターンにもっていきました。
それでは動画をどぞ。


さて話はかわるが、この手のクソの役にも立たない悪乗り動画は万人受けしないと思っていた。
まあ作ってる本人がそのつもりで作っているので当然なんですが・・・
それが、な・な・なんと不思議なことにクリーク・アンド・リバー社からスカウトされました。
有名なyoutuberさんが多数所属されているところです。
性格的に、囲まれた中である種の制限を受けてやるのは苦手なんで現在史上最大級に悩み中です。

”本日のブツはコレだー!
37
”大人の科学マガジン USB特撮カメラ”
買うつもりはなかったが、特撮15SECONDSコンテストなるものが開催されているでこれに参加すべく緊急購入しました。

実は、以前紹介したマイクロスコープでコッソリ投稿しようと思ったんですが画角が違いすぎるのであえなく断念しました。


このカメラ、チョコッと問題点を書いておくとWindows8.1の環境ではモダンUIのカメラアプリからでないと起動しません。
デスクトップ画面からではドライバを読み込んでる画面で停止したままになります。
ソフトも起動しません。
で、何が問題かというと、提供されている爆発などのエフェクトが使えるARマーカーが使用できません。
まあ、ARマーカーを使うつもりがなければ問題ないんですが8.1の方は要注意です。

てなことでコンテスト参加動画を特と見やがれ!

”ショボイ!”思った方、公式HPに上がってる動画作品集15秒お手本作品動画を見てきて下さい。
思いつくであろう手法、アイデアが全て出し尽くされています。
3本作ってみたがどれも作品集とかぶるような出来になってしまったので苦肉の策です。

11
ちなみに部屋の蛍光灯だけだと何をやってるのかわからない状態だったので照明フル回転。

24
撮影風景はこんな感じ。

51
”三脚の穴ぐらい付けとけよ。”と思ってインシュロックで固定して使っていたら・・・

44
こんな所にあるのを撮影後発見・・・

50
出演者の忍者ですが・・・

49
以前紹介した消防隊人形を忍者ふうに塗装したものです。

取りあえず見つけたら買っとけ!
昭和時代の特撮好きならワクワクがとまらない。CCB

前回の続きです。
DSC_1320
点けるとこんな感じに見え・・・たら良いんですが、

DSC_1348
実際はこんな感じです。

DSC_1349
夜空を見渡すとオリオン座も確認できます。

で、ぶっちゃけどうよ?ってことなんですが、買いです。
色々な安モンプラネタリウムを買い尽くしてきたが、これが一番それらしく見えます。
何より星が動くのが最大のメリットです。
取りあえず見つけたら買っとけ!
点けて寝ると良い雰囲気間違いなし。
そのまま寝ても15分で自動的にoffになる。

本日のブツはコレだー!
DSC_1292
”新型ピンホール式プラネタリウム”

DSC_1294
中身はこんな感じ。

DSC_1295
以前のショボイやつと違い今回は自動で星が回転します。

DSC_1302
専用に開発された豆電球で星がシャープに。

DSC_1301
15分のオートパワー・オフ機能も搭載。

DSC_1310
で、いきなり完成。
実際に星がシャープに投影されます。
回転音はほぼ無音で寝室でも問題ありません。
さらに細かいインプレは次回に続く。








本日のブツはこれだー!
DSC_1058
”大人の科学マガジン パタパタ電波時計”

大人の科学マガジン初の実用時計です。
その分、お値段高めの3,500円。

動作はこんな感じ。


DSC_1077
アンテナ部分は電波が受信しやすいようにクーガ(昔のBCLラジオ)のようにくるくる回転できます。

DSC_1072
音はでかめです。
その音の出処ですがこの部分のスプリングの戻り音です。
テレビのついたリビングでもかなり目立つ音がします。

DSC_1077
とりあえず見つけたら買っとけ!
実用として十分使える。
作動音を小さくする工夫も楽しめるオマケつき。

最後におふざけ動画。

もっと力をー!
てなことで・・・
104_0371
この2つで動かしてみることしました。

続きは動画でどぞ。


やっぱりメントス+コーラでやるべきでした。
ただ、あの穴にメントスが入りません。
気が向いたら何か方法を考えて再挑戦します。

このページのトップヘ