本日のブツはこれだー!
DSC00180
”歌うキーボード ポケット・ミク”

DSC00176
で、いきなりこのザマ。
不良品でした。
症状は以下。
本体を叩くと鳴る時と鳴らない時がある。

こんな感じで音程と音声がバラバラ。
原因は、キーボード右側のケーブルがゴムパッドと基板の間に噛みこんでいたのでハンダ付けが外れたようです。

13
副産物としてビブラートのボタンが斜めに凹んだままです。

DSC00177
開けたついでに記念写真です。
これがヤマハの何チャラの何チャラとか言う石です。

DSC00179
キーボードはプリント基板のような感じです。

DSC00182
基板裏側です。

30
で、結果ですがこんな感じ。

ケーブルを半田付け。
音程はズレズレのままだったので、キーボードのキャリブレーションを行う→NG
パニックコマンド実行→NG
工場出荷状態に戻す。→NG
再度キャリブレーション→NG
再度キャリブレーション→OK!

これで思ったのが、出荷検査は間引きのようです。

25
てなことで正常品になりました。
さすが、学研 大人の科学マガジン、完成品と言いながら電子工作の楽しみは残してくれていました・・・